各種塗材外壁塗装工事一般建築塗装工事各種改修及防水補修工事橋梁鉄骨塗装工事特殊塗装工事

ホーム > 施工技術 > 防水工事

MENU

  • 塗装工事
  • 防水工事
  • シーリング
  • リフォーム
  • 耐震補強
  • カラーリング
  • 遮熱塗装
  • 取扱商品
  • Q&A

防水工事

シート防水

合成ゴムや合成樹脂などの合成高分子材を貼り付ける工法です。通常は1枚貼りですが、貼り付け方法により、接着剤を用いる接着工法、金属製のディスクやプレートを用いて固定する機械的固定工法に別けられます。一般的には屋根などの防水工事によく使用される工法として知られています。

シート防水

ウレタン塗膜防水/防滑性ビニル床シート複合工法

マンションの開放廊下、バルコニー、階段など屋外・半屋外での使用に耐える防滑性と耐久性、耐水性に優れた複合防水床システムです。

平面部には、防滑性・デザイン性・衝撃音遮断性に優れた塩化ビニル樹脂シートを、側溝部・巾木部等、複雑な形状の箇所には、塗布タイプで作業性・耐亀裂抵抗性に優れたウレタン塗膜防水を使用する複合工法により、快適性、安全性、美しさをしっかり守ります。

ウレタン塗膜防水/防滑性ビニル床シート複合工法

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水とは一般的に下地に補強メッシュシートを敷きつめ補強し、その上にウレタン樹脂を塗り重ねて 防水層を形成する工法です。塗るだけで防水性能を発揮するので複雑な形状の部分に最適ですが、やわらかい為、傷が付きやすいのが難点です。

防水工事

アスファルト防水

アスファルト防水には熱工法と常温工法がありますが、一般的には熱工法のことを指します。熱工法は現場にアスファルト溶解釜を持ち込み250℃程度で溶解し、アスファルトルーフィングというアスファルト系防水シートを2〜5枚張り付ける工法です。常温工法とは、現場でアスファルト溶解釜を使用しない工法の総称です。熱工法以外全て常温工法ともいえます。

アスファルト防水

▲ページの先頭に戻る