各種塗材外壁塗装工事一般建築塗装工事各種改修及防水補修工事橋梁鉄骨塗装工事特殊塗装工事

ホーム > 施工技術 > シーリング

MENU

  • 塗装工事
  • 防水工事
  • シーリング
  • リフォーム
  • 耐震補強
  • カラーリング
  • 遮熱塗装
  • 取扱商品
  • Q&A

シーリング

シーリング材とは?

ビルなどの外壁を見ると、壁が少し隙間をあけていくつかに分かれているのが解ると思いますが、その隙間を「目地」と言います。建造物の「目地」は部材の温度・湿度による伸縮や、地震・風圧などによる動きを吸収して、位置がずれたり、たわんだりして部材が壊れるのを防ぎます。

ただし、その「目地」がそのままの状態では空気や水が建造物に出入りしてしまいまうので、そこに詰め物である「シーリング材」が使用されます。目地以外には窓のサッシ枠のまわりやドアの枠まわり、あるいはガラスの縁まわりなどにも詰めて、その機密性や防水性を確保します。

シーリング イメージ

シーリング材の種類・用途

隙間を埋めるシーリング材の発達により、いろいろな種類が登場しました。作業の際には必需品となったシーリング材ですが、シーリングの劣化が原因となるトラブルも多く発生しております。

シーリングの種類 用 途 特 長
油性系 窓・ドアなどの枠、各種パネル及びボードの継ぎ目、屋根防水層の立ち上がり等。 皮膜を形成するが内部は非硬化。
アクリル系 ALC目地、サッシと壁の隙間、天井と壁の隙間、モルタル壁のひび割れ等。 硬化後、弾性体となり、湿った面にも使用可。
シリコーン系 大理石、モルタル、コンクリート、金属、ガラス、陶磁器、プラスチック等。 長期の耐久寿命をもつ。変性シリコーンは塗装可。
ウレタン系 コンクリート、ALC、石材スレート、木材、金属、柱と壁の隙間等。 硬化後にゴム弾力性を持つ。コンクリート・スレートなどに対し汚染がない。
ポリサルファイド系 サッシ、大理石、PCコンクリート、ガラスとサッシのグレージング、笠木のジョイント部等。 硬化後にゴム弾力性を持つ。長期の耐久寿命をもつ。

▲ページの先頭に戻る